スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ


TOP/スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ

スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ
整形外科
スポーツ外傷・障害
更年期障害・骨粗鬆症
交通事故

スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ
昭和大学肩関節
プラセンタ治療
関節リウマチ
関節リウマチ作成中
関節リウマチ修正中2

スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ
よくある質問
患者さんの体験談
リンク集

スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ
院長挨拶
医師紹介・設備紹介
採用情報
診療時間・アクセス
お問い合わせ
プライバシーポリシー


スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンター


更年期障害
更年期に自覚症状を主とする愁訴がみられ、その原因を他覚的に説明する所見が得られないような症候群を更年期障害という。

血管、神経、精神、運動器官、皮膚分泌、泌尿器、消化器などの症状をていする。

整形外科では四肢のシビレや筋肉の硬さや肩凝り、腱鞘炎などを引き起こす。

また閉経後の骨粗そう症などを引き起こす。

治療にはホルモン剤やホルモンのレセプターに効く薬物やトランキライザーや血行剤、抗神経剤や運動療法で効果を得ています。
line
骨粗鬆症
加齢やいろいろな原因で骨がもろくなる病気で二次的に起こる骨折が問題になります。

大腿骨頚部骨折や脊椎の圧迫骨折や手首の骨折、肋骨骨折などが多いです。

骨量が最大になる20歳代〜30歳代にかけて骨量を増やすことが最も良い骨粗鬆症予防になります。レントゲン検査で骨密度を測定して骨粗鬆症の診断のもとに治療を開始します。町屋五丁目整形外科クリニックでは、骨密度の測定を行い患者様の状態に応じて経口骨粗鬆症治療薬(ビタミンD、ビタミンK、ビスフォスフォネート、SERM)を投与しています。注射骨粗鬆症治療薬としてカルシトニン、副甲状腺ホルモンを使用しています。女性ホルモンを使用する例もあります。
勿論運動療法も指導しています。
効果の強い副甲状腺ホルモンは骨折の危険性の高い方、骨折を起こしてしまった方に使用しております。
bottom
このページの上に戻る▲
page_bottom
COPYRIGHT(C)2006 スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンター 町屋五丁目整形外科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.