スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ


TOP/スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ

スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ
整形外科
スポーツ外傷・障害
更年期障害・骨粗鬆症
交通事故

スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ
昭和大学肩関節
プラセンタ治療
関節リウマチ
関節リウマチ作成中
関節リウマチ修正中2

スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ
よくある質問
患者さんの体験談
リンク集

スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンタ
院長挨拶
医師紹介・設備紹介
採用情報
診療時間・アクセス
お問い合わせ
プライバシーポリシー


スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンター

略歴
1984年昭和大学医学部卒業
1984年昭和大学整形外科学教室入局
多数の研修病院勤務
1992年〜2000年昭和大学病院勤務肩関節外来担当
2000年〜20011年松井病院整形外科部長
(兼任講師として昭和大学肩関節外来担当)
2011年7月より町屋五丁目整形外科クリニック継承 院長就任
2012年9月より医療法人社団町屋五丁目整形外科クリニック 理事長就任
院長 小川剛司略歴
日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本リウマチ学会認定リウマチ専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
昭和大学整形外科学教室兼任講師
line
院長 小川剛司 ご挨拶
開業のご挨拶

 縁あって町屋五丁目整形外科クリニックを継承することになりました。前任の院長とは昭和大学整形外科学教室医局の先輩後輩の仲で共に診療を行ってきました。特に研究分野が肩関節で25年間共に研鑽を積んでまいりました。
 当院開業の理念として、整形外科を通して荒川区及び周辺住民の皆様のための『安心・安全かつ快適』な診療所を目指します。インフォームドコンセントを重視し、常に患者様の立場に立脚したより良い医療を提供し、優しさや思いやりのある医療を心掛けます。
資格として、医学博士号、専門医資格4件を持ち、17年に渡り二次救急病院の非常勤医師として勤務歴があるため、整形外科の専門性を持ちながら他科領域の治療も行うことが出来ます。
 地域医療の充実・発展に貢献すべくスタッフ一同邁進していく所存ですので今後共によろしくお願いいたします。

 
line
スタッフ紹介
医師  小川剛司
昭和大学兼任講師    肩関節外科 整形外科一般 リウマチ治療 ペインクリニック 内科一般
スタッフ紹介文
【写真 左】                     【写真 中央】               【写真 右】
前列 右:片桐 先生 左:婦長      婦長・受付・リハビリスタッフ        2005年 忘年会にて
bottom
このページの上に戻る▲
page_bottom
COPYRIGHT(C)2006 スポーツ外傷 荒川区 町屋 プラセンター 町屋五丁目整形外科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.